一人暮らし用の不動産物件を借りるなら駅近が楽ちん

積み木

競売より高く売却できる

Real estate

住み続けることができる

福岡市は九州地方最大の都市であり、九州経済の中心地です。福岡市内には、全国的規模の企業の支店や営業所などが多数設置されています。福岡市へ通勤するサラリーマンの多くは、福岡市内やその周辺部にマイホームを購入しています。戸建住宅やマンションなどのマイホームを購入する者のほとんどは、購入代金の一部を頭金として支払い、残りの金額を長期間にわたって返済する住宅ローンを使用しています。住宅ローンの年間の返済額は、年収の2割程度が理想的であると云われています。住宅ローンは長期間にわたって返済するため、退職、リストラ、会社の倒産などにより、収入が激減し住宅ローンの返済が不可能となる場合があります。住宅ローンの返済が不可能となった場合には、債権者である金融機関は担保物である住宅を競売することになります。競売で住宅を売却した場合には、市場で取引される金額に比べて低めに売却されます。競売では、債権者は貸付金を十分に回収することができず、債務者に住宅ローンの残高を請求してくる場合があります。そのため、債務者と債権者の双方に利益のある任意売却を行うことになります。任意売却は、通常の不動産取引と同じ形態をとるため、市場価格で売却することができます。任意売却では、買主の了解のもと借家としてそのままマイホームに住み続けることもできます。福岡市内には、任意売却の仲介を専門に行う不動産業者が複数いますので、住宅ローンの返済に困っている方は相談する必要があります。